TRAKTOR 音トビ防止の設定のノウハウを集めていこう!

Discussion in 'フォーラム日本語版' started by PCDJ_info_JP, May 16, 2012.

  1. PCDJ_info_JP

    PCDJ_info_JP Forum Member

    Messages:
    90
    多くのPCDJ/DTMユーザ(Traktorに限らず)が困っている、レイテンシーの設定やPCの各種設定による音トビ対策のノウハウを集めてみてはいかがでしょうか?

    英語では下記のページに整理されていますが、

    [Mac]
    http://www.native-instruments.com/knowledge/questions/974/Mac+OS+X+Tuning+Tips+for+Audio+Processing

    [Windows]
    http://www.native-instruments.com/knowledge/questions/847/Windows+7+Tuning+Tips+for+Audio+Processing

    実際にどのぐらいのスペックのPCで、どの対策が効果があったかを集めていってはどうかと思います。

    うちのマシンは
    Celeron Dual-Core 1.9GHz / Memory 2GB / Nvidia MCP79MVL Chipset(GeForce 8200mグラフィック統合)
    Windows 7 Home Premium (32bit版)
    という3年前に買ったかなり低スペックなノートPCですが、Traktorを起動する時は、

    1. 無線LANをオフに
    2. ウィルス対策ソフトをオフに
    3. Traktorの動作と関係のない常駐ソフトを終了させる(クリップボードユーティリティなど)
    4. バッテリーの状態および省電力管理の設定をオフに
    → デバイスマネージャから"Microsoft AC Adaptor"と"Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery"を無効に
    5. レイテンシーは512samples(12ms)

    という設定でTraktor PRO2が問題なく動いています。
    上記の対策それぞれがかなり効いています。

    ※プレイの面でも、音の出ていないデッキの再生は止めるなど負荷を抑える工夫は常に意識してやっています。
     
  2. denziha_system

    denziha_system NI Product Owner

    Messages:
    10
    私のPCはたぶんオーバースペックなので
    あまり参考にはならないかもしれませんが…。

    Intel corei5 M460 2.53Ghz
    Memory 4.0GB
    Windows7 Home Premium(64bit)
    TRAKTOR PRO 2.1.3
    です。

    レイテンシーの設定が今見られないのでここに書けないのですが、
    PCDJ_info_JPさんが記述されている1~4の
    設定をしている状態で、問題なく使えています。
    (2デッキのみ使用、イベントで使ったのは十数回)


    ・無線LANの無効化
    ・Intel Rapid Storage Technologyのアンインストール
    の2つがノイズ/音飛び除去に一番効いた気がしてます。

    以前は無線LANオンの状態だと音の途切れが出ていたのですが、
    2.1.3にアップデートしてから無線LANがオンの状態でも
    問題なく動くようになって、何だこりゃ?という感じです。
    (逆に無線LANの切り忘れをしそうでちょっと怖いです^^;)
     
  3. DJ MiCL

    DJ MiCL Moderator Moderator

    Messages:
    656
    PCDJ_info_JPさんがリンクしてくれたサイトからいくつか抜粋すると:

    ■Windows
    必ずASIOドライバーを使用しましょう。つまり DirectSoundやWASAPIはよろしくないようです。製品に付属のASIOドライバーが一番良いですが、付属していない場合はASIO4ALLというのが汎用のASIOドライバーになってくれるようです。

    http://www.ASIO4ALL.com

    Latencyは128の倍数の方が具合が良いみたいです。256、384、512あたりでしょうか…。新しいマシンの場合、512より256のほうが具合が良いこともある、とも書いてあります。

    なお、バックグラウンドで走っているものでDJプレイに影響を与えるようなプロセスがあるかどうかをチェック出来るソフトがあるようです。

    http://www.thesycon.de/eng/latency_check.shtml

    上記のサイトからダウンロードして、Traktorと同時に走らせて下さい。1〜2分やってみて、表示される棒グラフに黄色や赤が無く、ずっと緑であれば、環境はTraktorの使用に適しているようです。


    ■MAC
    サウンドカードをiSightカメラと同じUSBポートに接続しない方が良いそうです。どのポートがiSightと共有されているかは、サウンドカードを指した状態でシステム情報を起動すれば判別できるとのこと。

    またMacの場合は128の倍数うんぬんよりも、256から512の間のバッファを指定するようにと記載されています。


    ■共通

    所謂CPUへの過負荷が原因じゃないものとしては、Filterを起動したときの短いオーディオドロップアウトがあります。メインのフィルターをオン/オフできるように使用している方は、交代する前に一度オンにしておきましょう。ドロップアウトが起きるのはTRAKTORを起動してから一度だけのようですが、良い感じで盛り上がっているときにやってしまうと悲しいものがあります。

    エフェクト関係でフィルターを使う場合は(ちなみにエフェクトでフィルターを使用するとディレイの前にフィルターをかけることにより通常のフィルターと全く違う効果を出せるので試したことの無い方は是非!)初めてオンにするときと、他のエフェクトを使用してからフィルターに戻ってきてオンにしたときに発生します。オンにしてからDry/Wetを上げると回避できます。

    逆に、これ以外の方法でこの問題を回避できるよ!という方は是非教えて下さい。Single FXの場合はDry/Wetも使用するので問題ないのですが、Group FXの場合はDry/WetはフルでWetに設定している場合が多く、一晩で2〜3回くらい「あ、音途切れちゃった」となってちょっとテンション下がります。Filter以外に、IceverbやReverb T3、Tape Delayに切り替えるときも途切れます。
     
  4. PCDJ_info_JP

    PCDJ_info_JP Forum Member

    Messages:
    90
    こんにちは。


    > denziha_systemさん

    事例のご紹介ありがとうございました。

    core i5 M460 2.53Ghzをお使いとのことで確認してみたら、2コア・4スレッド、ターボブースト時・最大2.80GHzのようですね。
    メモリも4GBで、かなり余裕のあるスペックという印象なのですが、それでも対策をしないと音トビが起こる(起こっていた?)というのは意外でした。

    Windowsは、特定の生産時期のパーツがダメとか、ドライバのバージョンがこれだとダメというのが、それほど多くは無いけどたまにありますので、情報戦でひたすら「地雷」を回避していくのが大事ですね(苦笑



    > DJ MiCLさん

    Windowsでの音トビ対策に関しては、Twitterでもお世話になっている、@Sangoさんがブログにまとめていらっしゃいますので、そちらを(勝手ながら)紹介いたします。
    ツールを使った調査方法にも言及されています。

    http://www.evangelion.net/~sango/log/eid1738.html


    もっと自動的に設定を確認したり最適化するツールがあったらすごく助かると思うんですけど、要因が膨大なのでなかなか難しいんでしょうね。
     
  5. PCDJ_info_JP

    PCDJ_info_JP Forum Member

    Messages:
    90
    こんばんは。

    このスレッドを立てた時点では、NI公式解説ページの日本語版は無かったんですが、英文のページをそのまま和訳したpdfファイルが以下で配布開始されてました! 音トビで困っている方、ご参照ください。

    "WINDOWS 7 TUNING TIPS FOR AUDIO PROCESSING"
    http://www.native-instruments.com/knowledge/questions/847/Windows+7+Tuning+Tips+for+Audio+Processing
    のページの末尾。
    「847 オーディオ処理のためのWindows 7 最適化.pdf」

    ※和訳されてるのは、現状Windows版のみです。
     
  6. smooth-transition

    smooth-transition NI Product Owner

    Messages:
    5
    フォーラムの皆様、日頃はたくさんの有用な知識を分けて頂き、誠にありがとうございます。
    老眼の必要な新参者のTraktor勉強中のおっさんですが、どうぞよろしくお願い致します。

    お役に立てられるかどうかわかりませんが、実は私も以前、新しくMacBook Proを買い替えた時に、Traktorを使っていると1時間に数回画面と音がフリーズするという問題に悩まされていた時期があり、その時のお話をさせて頂きます。

    去年の夏頃から2010年のMacBook ProでTraktor Pro 2を始め、去年の秋Yosemiteがリリースする前に、新しくMacBook Pro Retinaに買い替えました。新しいMacでTraktorを使っていたところ、1時間に数回画面と音がフリーズするという問題に悩まされていて、さらにiTunesを聴いている時でさえも音飛びが発生した自体になっていました。そこで、皆様がシェアして下さった情報を元に、Wi-Fiを切ったり、省エネルギーを切ったり、外付け電源付きUSBハブを買ったり、色々試しましたが、私の場合改善することが出来ませんでした。そこで、たまたま某ソフトのMac最適化のページを見ていたところ、Spotlightの検索をオフ推奨と書かれていたので、試したところ改善することが出来ました。また、ユーティリティソフトOnyXでクリーニングを行って再起動を行うと、Spotlightが再構築するようで、マシンのスペックによると思いますが、再構築が終わるまで30分ほどTraktor使えないことがわかりました。(再構築動作の確認方法ですが、画面右上の虫眼鏡のマークをクリックして頂くと確認出来ます)

    もしかして、私のような場合はレアケースかもしれませんが、お役に立てれば幸いです。
     
    Last edited: Jan 29, 2015
  7. PCDJ_info_JP

    PCDJ_info_JP Forum Member

    Messages:
    90
    > smooth-transition さん

    はじめまして、こんにちは。

    貴重な解決事例のご紹介ありがとうございました。
    SpotlightとTime Machineの設定についてはSerato DJの最適化の記事に書かれていたと思うのですが、実際にこれだけの効果があったという話は初めて拝見しました。
    (それにしてもiTunesでの再生でも音トビするようだと厳しいですね 苦笑)

    https://www.dirigent.jp/fun/staff/tarama/d-fun94.html


    OSは数年おき(MacOSはほぼ毎年)に新しいものが出てきて、こういうノウハウも次々アップデートしないといけないので、今後も何か発見したら是非書き込みお願いします。
     
  8. smooth-transition

    smooth-transition NI Product Owner

    Messages:
    5
    PCDJ_info_JPさん

    こちらこそ、ありがとうございます。PCDJ_info_JPさんが役立つ情報を積極的に発信する姿勢に感銘を受け、私も微力ながら何かお役に立つことが出来ないかと思い、今回書き込みすることに至りました。

    はい、新しく購入したMacのほうが謎の音飛びをしてしまい、色々悩んだ末、Serato DJの記事に辿り着き、改善することが出来ました。