MANAGEMENT BOARD

Native Instrumentsの現在、過去、未来は私たちを前進させてきた人物と密接に関わっています。情熱と視野を持つ最高経営責任者のDaniel Haverと、最高技術責任者/代表取締役のMate GalicはNative Instrumentsの技術的・経済的なビジョンを象徴しています。

DANIEL HAVER

Daniel Haverは1997年、シェアホルダー、経営責任者としてNative Instrumentsの創設チームに参加しました。エレクトロ・ミュージックの熱烈なファンでもあったDaniel Haverはソフトウェア・シンセシスによるサウンド制作の可能性、そしてオーディオ・ソフトウェアの創作面でのさらなる可能性に魅了されました。以前はハンブルクのデザイン・スタジオのオーナーであったHaverは情熱的な企業家でもあり、音楽インストゥルメント業界において勃興するコンピューター革命が生むビジネスチャンスを見抜きました。

Haverは堅固なビジネス構造を持った企業としての枠組みを整えることに着手し、長期的な視野に基づいた販売・マーケティング計画を展開しました。決定的に重要だったのは、後の2002年にNative Instruments North America, Inc.となる米国代理組織をロサンジェルス設置したことです。そして多角的なポルトフォリオを導入します。初期の「Reaktor」ソフトウェア・テクノロジーを、インストゥルメントやエフェクトを擁する「Komplete」ラインに発展させ、デジタルDJプラットフォーム「Traktor」やグルーヴ制作システム「Maschine」といった画期的な製品のイニシアティブをとりました。Haverの産業・GUIデザインへの情熱はNI製品の個性的なルックスとフィーリングに大きく貢献し、マーケティング分野での強みはブランド形成の大きな力となり、Native Instrumentsの業界内で類稀なステータスを持つようになりました。

最高技術責任者/代表取締役のMate Galicと共にDaniel HaverはNative Instrumentsの長期ビジョンを決定し、エンジニアリング中心のソフトウェア・スタートアップ企業から国際的に認められた技術系企業へと進化させてゆくこととなります。現在Daniel Haverはあらゆる戦略的決定の原動力であり続け、全てのフロンティアへの組織的な成長を推進しています。またHaverはスポーツ面でもチャレンジを続けています。10代の頃はモトクロス・サーキットに大きな情熱を傾けていましたが、現在はスノーボーディング、ウェークボーディング、カイト・サーフィンなどに親しんでいます。
Daniel Haver 最高経営責任者

MATE GALIC

DJ、プロデューサー、レーベル・オーナー、ジャーナリストとして活動していたMate Galicは、躍進する90年代のヨーロッパのテクノミュージック界では最も功績の多い人物の一人でした。サウンドへの強い情熱に駆り立てられ、そしてエレクトロ・ミュージックの持続的な進化に感銘を受けて、そこに関わる全てのテクノロジーをも徹底的に探索していきました。その当時、コンピューター上でのリアルタイム・オーディオ処理は従来の楽器や音楽制作ツールの域を超え始めていました。Mateは、既成の概念にとらわれない新しい世代のエレクトロニック・アーティストのニーズを、音楽制作、ライブパフォーマンス、サウンドデザインのための革新的な技術によって満たすことに関心を惹かれました。

Mate GalicがNative Instrumentsの革新的シンセシス・ソフトウェアであるGENERATORに出会った時、これはエレクトロニック・ミュージックにとって大きな創造的役割を果たすであろうと確信しました。そして1998年にはシェアホルダーとしてNative Instrumentsに参加することとなります。「伝道者」としての彼の最初のプロジェクトは、先進的なエレクトロニック・ミュージック・シーンで成長を続けるユーザーコミュニティーとNative Instrumentsの間の交流を育むことでした。Mateは次第に製品設計に深く関わって行き、NI製品のラインナップの多くの象徴的製品のバックグラウンドで決定的な役割を果たすようになりました。

最高技術責任者、代表取締役、そして副CEOであるMate Galicは現在、技術調査、製品設計、開発をリードし、あらゆるバックグラウンドのミュージシャンが革新的で刺激的な音楽テクノロジーを享受できるようにすることを自身の使命としています。日進月歩のコンピューター技術をフルに利用しながら、弊社のモットーである「The Future of Sound」が実現されるよう努めています。
Mate Galic 最高技術責任者、代表取締役