MASCHINE 2.7.9

このアップデートでは、オーディオループの編集機能が改良されました。Audio Plug-inからEditタブに直接アクセスし、ループのカット、リバース、コピー、ペースト、イン/アウトポイントの設定が容易に行えます。


またMASCHINE MIKRO Mk3のユーザーがハードウェアとDAWを一緒に使う際に、ベーシックなMIDIコントロールができるようになります。

MASCHINE 2.7.9アップデートはすべてのMASCHINE 2 ユーザーに無償で配布されます。Native Accessよりダウンロードしてください.

MASCHINE 2.7 WITH AUDIO PLUG-IN

待望のAudioプラグインが導入され、MASCHINEのオーディオ機能が新しい可能性を切り開きます。MASCHINEの迅速なワークフローでループをリアルタイムで操作し、よりクリエイティブな作業が可能。ぜひこの無償アップデートを、Native Accessからダウンロードで入手してください。

INSPIRING NEW WAYS TO PLAY LOOPS

REAL-TIME TIME STRETCHING

リアルタイム・タイムストレッチにより、素早くクリエイティブに集中できます。新しいループをドロップすると、自動的にプロジェクトのテンポにマッチし、テンポを変更するとリアルタイムで追従します。またループのオーディションも可能で、作業フローを維持しながら、ループ音声を確認、ロード、スワップすることができます。

PITCH AND CHOP

Gate modeは無限の可能性を秘めています。このモードではループはミュートされており、パッドをトリガーしている間だけループが発音されるので、発音させたい位置でドラミングすれば、ループを簡単に刻むことができます。また同じGate modeでもキーボードモードのMIDIノートを上下させるとループの音程がシフトするので、元のループからユニークなメロディーを作ることが可能です。

MASCHINE 2.6.8 WITH NEW BASS SYNTH

MASCHINE 2.6.8では、MASCHINE専用の内蔵モノフォニックベースシンセが導入されます。

MASCHINE 2.6.8から新しいプラグインとしてモノフォニックベースシンセが搭載されました。オートメーションも可能で直感的なハードウェアコントローラーで、リッチなベースサウンドの編集が可能。サイン波からノコギリ波、またはその中間のスポットまで滑らかにモーフィングさせ、ユニークなサウンドを作ることができます。また重低音のサブベースやドープなアシッドベースなどのプリセットも用意され、MASCHINE JAMを使えば、定番のアシッドグライドをハードウェアから直接プログラムできるなど、ベースシンセのパワーを最大限に引き出すことができます。

PLAY HARMONIES ON JAM IN ISOMORPHIC KEYBOARD MODE

MASCHINE 2.6.8ではアイソモーフィック・キーボードモードが追加され、MASCHINE JAMの8x8グリッド上でハーモニーやメロディーのプレイが容易になりました。このモードでは、キーボード上のノートはスケールで指定したノートのみ有効になります。またどのキーでも各コード独自の指の配置が設定され、音楽理論に熟知していなくても完璧な音程で演奏することができます。しかも、1つのキーでコードの配置を覚えれば、別のキーでも同じ配置で演奏できるので、通常のピアノよりも簡単に学ぶことができます。

コードガイドのダウンロード

MASCHINE 2.6.5

MASCHINE 2.6.5アップデートがリリースされました。全てのMASCHINE 2ユーザー様はNative Accessから無償アップデートが可能です。

このアップデートでは、タイムラインとは別に、ミキシングとパターンマッチングに特化したIdea Viewが装備されました。この新しい画面で、様々なビート、伴奏、フィル、またメロディーやその他の組み合わせを容易に試すことができます。またMASCHINE 2.6.5のIdea Viewでは、DAW上からMIDIでシーンの変更を直接行うこともでき、オーディオやMIDIルーティングの設定を維持したまま、キットの変更や新規Groupををロードすることも可能になりました。

NEW IN MASCHINE 2.6

MASCHINE 2.6 アップデートで、すばやくアイディアを実現しましょう。

MASCHINE 2.6 アップデートで、すばやくアイディアを実現しましょう。

MASCHINE 2.6では、他のMASCHINEと同様に、MASCHINE JAMでもノート編集機能が装備されました。ハードウェアのステップシーケンサーからノートのピッチやベロシティ、レングス、スウィング、ポジションを直接変更でき、ステップ毎にパラメーターを変化させたり、左下隅のクリックパッドで16段階のベロシティ・レベルをプログラムできるようになりました。

TAKE CONTROL WITH MIDI

新しいMIDI CC機能によって、お気に入りのRolandのグルーブボックスやKORGのシンセなど、外部MIDI対応機器をプラグインのように操作できます。MASCHINEソフトウェアにお持ちの機器のテンプレートをロードすれば、フィルターの操作、サウンドのアタック調整など、応答性の良いMASCHINEのパッドやノブから直接MIDIパラメーターを操作できます。すぐに作業できるように、主な機器のプリセットライブラリがダウンロード可能で、お探しのプリセットがない場合でも、簡単に自作可能です。

新しいアップデートのお知らせ

MASCHINE 2.5.5無償アップデートが、登録ユーザー様向けにリリースされました。このアップデートによりMASCHINEはAbleton Link対応となり、TRAKTORやAbleton Liveなど、お気に入りの音楽制作アプリやその他のLink対応ソフトウェアと簡単にテンポ同期できるようになります。ローカルネットワーク上に接続されたデバイス間でタイトな同期が確立され、1つのデバイスでテンポを調整するとその他のデバイスも即座に追従するなど、すぐにジャミングが始められます。

Link対応のアプリにつきましてはこちらをご覧ください

Description