TURNTABLE TRICKNOLOGY

DMCチャンピオンがTRAKTORを使ってパフォーマンス

ターンテーブリスト達は従来のセットアップを使いつつ、尋常ではないスキルを駆使して限界に挑みます。以下のビデオでは、TRAKTORの最新技術をミックスに使えば何が可能になるのかを世界最高のターンテーブリストが披露します。


DJ UNKUT

このDJ Unkutによる素晴らしいビデオでは、新しいNative Scratchテクノロジーを実際に使っている姿をご覧いただけます。Unkutのトレードマークとなっている高速のスタイルはTRAKTOR SCRATCH MK2タイムコードの性能を引き出しています。彼が使っている TRAKTOR Butter Rugスリップマットもご確認ください。これはQbertのThud Rumbleブランドによるデザインで、現在ご提供中です。

ビデオ:DJ Unkutビデオを見る...
Native Scratch Technologyの詳細情報はこちら...

DJ CRAZE

このビデオでは、5度のDMC World Championを獲得しているDJ CRAZEが新世代のTRAKTOR SCRATCHを披露しています。ビデオでは彼の黄金のTechnicsのターンテーブルと2つのコントローラでコントロールして、ライブ・ダブステップ・リミックスを作っています。TRAKTOR KONTROL X1は、TRAKTORの新しいSample Decksを使ってライブ・ビートを再生するために使用されています。またその一方で、Crazeはカスタム・ホワイトのMASCHINEコントローラを使って様々な他のサンプルとキューポイントをトリガーしています。

ビデオを見る...

QBERT - チャンピオンたちによる共演

TRAKTORが最近チャンピオンの朝食のメニューとなりました。サンフランシスコのQBertの小部屋でDMCチャンピオンであるQbert、Shiftee、Rafikの3人がセッションを行っています。4台のターンテーブルとたった1つのTRAKTOR SCRATCH PRO 2システムを使い、さらに新しいTRAKTOR AUDIO 10インターフェイスをフル活用してパフォーマンスを繰り広げています。世界のスクラッチのエリートによる演奏は新世代のTRAKTORの魅力を存分に引き出しています。

「Breakfast of Champions」を見る
Shifteeによる「Breakfast of Champions」のチュートリアル・ビデオを見る

Hashimによる「Al-Naafyish (The Soul)」、Cutting Records, Inc. www.cuttingnyc.comのご厚意による提供

DJ CRAZE

DMCで5度の栄冠に輝いたDJ Crazeは、TRAKTOR SCRATCH PROと TRAKTOR KONTROL X1コントローラを従来の2ターンテーブル+1ミキサーというセットアップに統合して、創造の新しい次元を切り開きます。Crazeはデッキ2台を操り、キューポイント・ジャグリング、TRAKTORエフェクトを組み合わせます。ここでは、X1の直感的なコントロールでこうしたプレイも可能になったことが分かります。

ビデオ:"Craze Rocks the X1"を見る

DJ RAFIK

2007年度DMC世界チャンピオンのDJ RafikはTRAKTOR SCRATCH PRO、TRAKTOR KONTROL X1MASCHINEを使って、特別な何かを生み出します。Rafikは鮮やかなターンテーブル・スキルでTRAKTORのマルチ・キューポイントとエフェクトを巧みに組み合わせながら操ります。そこでは、ターンテーブリズムのルーツにあるアナログ感覚が失われていません。

ビデオ1: "TRAKTOR's Gonna Work It Out
ビデオ2: "Give the Drummer Some"
ビデオ3: "Make It Wonky"

DJ SHIFTEE

2009年度DMC世界チャンピオンのDJ Shifteeがこのビデオで彼のヘビー級セットアップを披露します。TRAKTOR SCRATCH PRO、TRAKTOR KONTROL X1MASCHINEを最高のターンテーブリズム・トリックノロジーの中で使っています。Dead Prezの名チューン"Hip Hop"のライブ・ダブステップミックスを作りながら、ShifteeはTRAKTORのカスタム・キューポイントとパフォーマンス・エフェクトから得られるクリエイティビティーとパワーを見せつけます。

ビデオ1: "Shiftee drops the bass"
ビデオ2: "Shiftee tutorial"

Description