よくあるご質問

TRAKTOR KONTROL S2はTRAKTOR PRO 3が動作しているコンピューターとUSB接続しなければ使用できません。
はい。TRAKTOR KONTROL S2はUSBポートから電源供給ができます。
いいえ。TRAKTOR PRO 3が必要です。 ハードウェアにはTRAKTOR PRO 3のフルバージョンが付属しています。
TRAKTOR KONTROL S2 MK3では最新のiPadアプリTRAKTOR DJ 2が動作します。以前のバージョンのiOSアプリTRAKTOR DJとの互換性はありません。
iOSポートはS2とiOSデバイスを接続するためにあります。当FAQの15番にあるS2とiOSデバイスを使用した際の電源供給の仕方を併せてご覧ください。
Mixer FXはコントローラーからダイレクトにアクセスできる、シングルパラメーターのエフェクトです。 8つのエフェクトと3つのフィルターの中から選び、4つのスロットにアサインすることができます。TRAKTOR KONTROL S2のFXセレクトボタンで直接選択することができます。
新しいレイアウトにDeck FXコントロールは含まれていませんが、TRAKTOR KONTROL S2には新しいパワフルなMixer FX専用のコントロールを装備しています。
TRAKTOR KONTROL S2とTRAKTOR KONTROL S4のジョグホイールは同じサイズですが、TRAKTOR KONTROL S2はモーター駆動ではありません。
S2は、TRAKTORの環境設定にあるController Managerでカスタムマッピングが可能です。
操作可能です。そうするために、MIDIモードを有効にする必要があります。MIDIモードを有効にするには、パソコンとUSBで接続する際に、本体左側のFLXボタンを長押ししながら接続することで有効にできます。正常に動作していれば、Padが緑色に短く光り、MIDIモードが有効になっていることを示しています。MIDIモードを終了するにはS2をパソコンからUSBケーブルを抜くことで可能です。 ご注意:MIDIモードを使用できるようにするには、最新ファームウェアをインストールする必要があります。ファームウェアのインストール方法についてはこのサポート記事をご覧ください。
はい。TRAKTOR KONTROL F1など他のコントローラをセットアップに取り込むことができます。
それぞれのサイズは下記の通りです。
TRAKTOR KONTROL S2 Mk2: W.438 x H.67 x D.308 mm
TRAKTOR KONTROL S2 Mk3: W.486 x H.59 x D.265 mm
比較表 をご覧になり、 どちらのコントローラーがお客様のニーズを満たしているか比較なさってください。
電源供給の方法は3つあります。USB充電器と付属USBケーブルでS2に電源を供給し、LightningケーブルでiPadをS2のiOSポートに接続します。

またDJプレイ中にiPadを充電したい際は、Apple製12W USB電源アダプターやNative Instruments製電源アダプター(18W)を使用すれば、iPadをS2のiOSポートにケーブルで接続したまま、S2に直接電源を供給できます。

または携帯バッテリーパックやUSB出力付きのスピーカーを利用して、電源確保が困難なモバイル環境でも、S2に電源供給が可能です。
MFI認定のUSB C - USB Aケーブルを使ってiPad ProをTRAKTOR KONTROL S2に接続できます。

Description