よくあるご質問

S5にはパフォーマンスフェーダーが付いていませんが、代わりにStemsファイルはパフォーマンスパッドに自動でマップされています。 Stemのボリュームを操作するには、該当するパッドをおさえながらBrowseノブを回します。このような形でStemsのミュート/アンミュート、エフェクト、フィルターの操作を行うことができます。
詳しいS5のStems操作方法をお読みになってください。
各TRAKTORオールインワンコントローラーにはいくつもの違いがあります。いくつかの機能に関しては実際にお近くの楽器店でお試しいただくことが最良の理解につながります。 例えば、TRAKTOR KONTROL S5はTRAKTOR KONTROL S8と同じ頑丈な製造品質で作られており、これはS4明らかに異なります。

シンプルに言うと、タイムコードメディアやスタンドアローンのミキサーをお使いにならないのであれば、S5が最適な選択肢です。詳しくは、TRAKTORハードウェアコントローラの比較表をご覧ください。
以下の画像をご覧ください:
これまでジョグホイールをお使いになられた方は、S5の反応に優れたタッチストリップをお試しください。ジョグホイールと同じ精度でトラックのナッジ、 シーク、ピッチベンドなどの操作を行えます。 もしあなたのDJスタイルがCDやレコードなどのタイムコードコントロールを必要とする場合は、それらの機能を備えたTRAKTOR KONTROL S8が最適です。
TRAKTOR KONTROL S5はTRAKTOR PRO 2ソフトウェアを使用するためにデザインさおり、コンピューターとの接続なしではDJをすることができません。 しかし、コンピューターとの接続をしなくてもスタンドアローンのAUXチャンネルにオーディオ信号を通すことが可能です。
標準的なハードウェア・コントローラーに比べてTRAKTOR KONTROL S5に搭載されている斬新な機能を使用するには多くのパワーを必要とします。そのため電源アダプターとの接続なしにS5を使うことはできません。
TRAKTOR KONTROL S4/S5 FLIGHT CASEは、テストを通過した頑丈な保護性能を持ち、TRAKTOR KONTROL S5を様々な衝撃から守ってくれます。
TRAKTOR KONTROLS4/S5 FLIGHT CASEの詳細はこちらよりどうぞ。
現段階では、TRAKTOR KONTROL S5でTRAKTOR DJを操作することはできません。
はい。TRAKTOR KONTROL S5はMIDIをサポートするソフトウェアのコントローラーとして使うことができます。 ただし、ディスプレイはTRAKTOR PRO 2ソフトウェアを使用した場合のみ動作します。
S5のデフォルト・マッピングは変更できませんが、MIDIモードではユーザーが独自にMIDIマッピングすることが可能です。SHIFT+BROWSEボタンを押して、MIDIモードとディフォルト・マッピングのモードを切り替えることができます。
はい、S5にはTRAKTORでDJをする際に必要なものが全て揃っていますが、例えばF1を追加すれば、専用のパフォーマンスフェーダーとして、Remix Deckの追加コントローラーとしてお使いいただけます。
Stemsは新しい音楽フォーマットです。 Stemファイルはマルチ・チャンネルのオーディオファイルで、例えばベース、ドラム、ボーカル、メロディといったように、1つのStemファイルの中に個別に操作できる4つのパートが含まれています。
Stemフォーマットについて詳しく知ってください。

Description