よくあるご質問

ジョグホイールを使う操作を必要とする場合、S8をターンテーブルやCDJと接続してください。それらのデバイスからTRAKTOR SCRATCH PRO 2ソフトウェア(付属)を操作することができるようになります。 TRAKTORタイムコード・ヴァイナル/CDは、正確なタイムコードパフォーマンスを実現し、プロフェッショナルなDJデッキを体感することができます。
もしデッキをペアでお持ちでない場合でも、一台のターンテーブルやCDJからTRAKTORソフトウェアの複数のデッキを操作することができます。
詳しくはナレッジベースベースのこちらの記事を参照してください。
TRAKTOR KONTROL S8は高解像度のディスプレイ、タッチセンシティブのツマミ、Remix Deck専用の操作、内臓サウンドカード、多様な入出力を備えるNative InstrumentsのフラッグシップDJコントローラーです。 しかもS8はスタンドアローンのミキサーとしても動作するなど、S4にはなかった多くの機能を搭載しています。
TRAKTORハードウェア・コントローラの比較表を用意しておりますので参考になさってください。
S8はスタンドアローンのミキサーとして動作します。 その場合、ミキサーの4系統のアナログチャンネルとフィルターを使うことができ、コンピューターなしでもターンテーブルやCDJやアナログ機器を接続して使うことができます。 しかしS8はコンピューター・ソフトウェアTRAKTOR PROを操作する際に最も大きな威力を発揮します。
標準的なハードウェア・コントローラに比べ、TRAKTOR KONTROL S8の斬新な機能は多くのパワーを必要とします。そのため電源アダプターとの接続なしにS8を使うことはできません。
TRAKTOR KONTROL S8 FLIGHT CASEは高い保護性能を持つプロフェッショナルな移動ケースです。パネルの取り外しや、内部レイアウトも可能で、TRAKTOR KONTROL S8のためにデザインされています。
TRAKTOR KONTROL S8 FLIGHT CASEの詳細はこちらよりどうぞ。
S8からTRAKTOR DJを直接に操作することはできませんが、iPhoneやiPad、もしくは外部オーディオソースとS8のミキサーチャンネルと接続し、オーディオ信号を入力することは可能です。
はい。TRAKTOR KONTROL S8はMIDIをサポートするどのソフトウェアのコントローラとしてお使いいただけます。 ただし、ディスプレイはTRAKTOR PRO 2ソフトウェアを使用した場合のみ動作します。
S8のデフォルト・マッピングは変更できないように書かれていますので、変更することはできません。 その代わりに、ユーザー・マッピングの設定をおこなうことができますので、SHIFT+BROWSEボタンを押すことによって二つのマップを切り替えることができます。
S8は完全なオールインワンのDJコントローラとしてデザインされており、TRAKTORのすべてを操作することができます。 とはいえ、もちろん他のコントローラと並べて使用することも可能です。 例えばF1を一緒に使う場合、S8のデッキ・タイプを変更必要がなくなるので、Remix Deckとループを同時に演奏することができるようになります。
Stemsは新しい音楽フォーマットです。 Stemファイルはマルチ・チャンネルのオーディオファイルです。例えばベース・ドラム・ボーカル・メロディといったように、ひとつのファイルの中に4つの要素を含んでいます。 TRAKTOR KONTROL F1のハードウェア的特徴となるFX/フィルターノブ、パフォーマンスパッド、ボリュームフェーダーはStemファイルのミキシングに最適です。

Stemフォーマットに関する詳しい説明はこちらから。
画像を見る:

Description