NATIVE SESSIONS: CREATIVE INTERFACES

現在公開中のイベントシリーズでは、MASCHINE JAMFORMなど、新しいインストゥルメントがどのようにデザインされ製品化されているかご紹介します。CREATIVE INTERFACESでは、プロダクトエキスパートやTokimonsta、Deru、Zeddなどの気鋭のプロデューサーによるショーケースやレクチャーを交え、デザインがもたらす新しい創造性について考察します。

A BRIEF INTRODUCTION BY GÖSTA WELLMER

Native Instrumentsのユーザーインターフェイスデザイン責任者、Gösta Wellmerが、音楽におけるインターフェイスが時代と共にどう変化し、ユーザーの作曲や演奏活動にどのような影響を与えたか、考察します。

THE DEVELOPMENT OF MASCHINE JAM WITH JOHANNES SCHROTH AND HAUKE SCHOLZ

MASCHINE JAM開発チームが、そのコンセプトから製品化までの経緯を、あまり知られていないトピックやシークレットを交えて解説します。

COMFORT FIT INTRODUCES MASCHINE JAM

リードプロダクトエキスパートであるCOMFORT FITが、MASCHINEファミリーの最新機種MASCHINE JAMの機能とツールの最適な活用方法など、MASCHINEの最新情報をご紹介します。

DINO SABATINI PERFORMS WITH MASCHINE JAM AND TRAKTOR

パフォーマンスインターフェイスとしてMASCHINE JAMとREAKTORをTRAKTORとのワークフローに統合し、Smart Stripsによって操作性が拡張された最新のセットアップを、Dino Sabatiniが披露します。

BLACK CRACKER ON MASCHINE JAM

ベルリンを拠点とするアーティストBlack Crackerは、リアルタイムでヴォーカルやビートのリミックスやエディットを行い、ライブパフォーマンスツールとしてのMASCHINE JAMについて解説します。

DERU ON FORM

アメリカの著名なサウンドデザイナー、アーティストであるDeruが、FORMのみで制作した新しい作品を例に、オーガニックなレコーディングを再加工するため、どのようにツールとエフェクトを使用したか解説します。

REAKTOR 6専用FORMの無償デモのダウンロードはこちら。

NEVEN AND JONATHAN HEPPNER ON FORM

KOMPLETEのリードプロダクトエキスパートであるNevenと開発者のJonathan HeppnerがREAKTORの最新サンプルベースシンセサイザーであるFORMをご紹介します。またNevenはKOMPLETE KONTROLとMASCHINE JAMを使い、FORMの優れたオーディオ処理とサウンドデザイン機能を解説します。

ARTIST ROUNDTABLE ZEDD, TOKIMONSTA, AND HIT-BOY

ロサンゼルスのアーティストTokimonsta、ヒップホッププロデューサーのHit Boy、InterscopeのZeddらが、創造的な音楽アプローチや革新的なワークフロープロセスを目指したテクノロジーの導入について、Randy Jacksonがホストのディスカッションに参加します。

GET MASCHINE JAM NOW

最新のMASCHINEファミリーであるMASCHINE JAMは、シーケンス、アレンジ、パフォーマンスに特化し、インスピレーションからすばやくトラック制作が可能な、先進のインストゥルメントです。

Description