オーディオ修復のための究極のツールキット

  • インテリジェントなオーディオ修復とブラッシュアップのためのスタンドアローンエディターと20種類のプラグイン
  • 最先端の機械学習技術を搭載
  • 業界初の機能により、トラックを自信を持ってリリースできます


iZotope – ミキシング、マスタリング、およびオーディオリペア

iZotopeは、業界を牽引するインテリジェントオーディオ技術のスペシャリスト。iZotopeの製品ラインアップには、最高品質のオーディオ処理、機械学習、そして直感的なインターフェースを搭載した受賞歴のあるプラグインが含まれています。

概要

製品のタイプ: スタンドアローン・プラグイン
対応製品: AAX、AU、VSTホスト/DAWのプラグイン
エフェクトのカテゴリー: オーディオ修正

RX 11 デモ動画

バックグラウンドノイズの除去からインストゥルメンタルの制作まで、RX 11 Advancedの最新機能を活用して、トラックに命を吹き込む方法を学びましょう。

クリーン、クリア、そして魅力的なサウンド

RX 11 Advancedは、音楽制作、ポストプロダクション、コンテンツ制作におけるオーディオ品質の修正、強化、向上に必要なすべてを備えています。

Dialogue Isolateでは、最新の機械学習テクノロジーを使用して、ダイアログやボーカルのノイズやリバーブをリアルタイムで除去することができます。改良されたDialogue Contourを使用すれば、完璧な納品に必要な複雑なテイクの繋ぎ合わせも簡単に処理できます。次世代のRepair Assistantでは、これまで以上の精度とスピードでトラックをクリーンアップできます。

改良されたMusic Rebalanceを使用すれば、既存のミックスを簡単に再構築したり、リミックスの準備をしたり、インストゥルメンタルや高品質のボーカルステムを作成したりすることができます。業界初のLoudness Optimizeツールと新しいStreaming Previewで、トラックを自信を持ってリリースしましょう。さらに、Gain、De-Click、De-Humなどの必須ツールを含む、改良されたSpectral Editor ARAを使用して、DAWを離れることなくオーディオをスポットクリーニングできます(現在はApple Logic ProのRosettaモードで利用可能で、追加のホストサポートが近日提供されます)。

RX 11 Advancedを購入する

システム要件

オペレーティングシステム:
Mac: macOS Monterey(12.7.4)、macOS Ventura(13.6.6)、macOS Sonoma(14.4.1)*

* Intel MacとApple Silicon M-Series Mac(ネイティブおよびRosetta)でサポートされています。

Win: Windows 10 (22H2)、Windows 11 (23H2)

プラグインフォーマット:
AU、AAX、AAX Audiosuite、VST3、AU ARA。

全てのプラグインフォーマットは64-bitのみに対応しています。

RX 11のプラグインはVST2形式では利用できません。

Spectral Editor & Music Rebalance AU ARA の要件:IntelまたはApple Silicon Mac(Rosettaのみ)上のLogic Pro 10.7+。

Ambience Match & De-rustle プラグイン形式:AAX Audiosuite のみ。

Repair Assistant プラグイン形式:AAX Audiosuite、AU、および VST3。

サポート対応のホスト:
Logic Pro 10.7、Pro Tools 2024、Ableton Live 11-12、Cubase 13、Nuendo 13、Studio One 6、Reaper 7、FL Studio 21、Adobe Audition 2024、Adobe Premiere Pro 2024、DaVinci Resolve 19

関連製品

Description