NEW IN VERSION 1.5

絶賛の加算合成シンセサイザー、RAZOR がアップデートされて新しいサウンド形成モジュールも搭載。画期的なサウンド加工、MASCHINE 2.0でのハンズオンなコントロールが可能になりました。

新規プリセットとアップデートされたプリセット

ここに搭載される100種類以上の新しいリード、ベース、ユニークなサウンドの大部分はRAZORのマスターマインドであるErrorsmithによってデザインされています。 既存のプリセットの主要パラメータはアップデートされ、8つのマクロコントロールにプリ・アサインされているので、MASCHINE 2.0とスムーズに連携できます。 全てのプリセットはMASCHINEでのパフォーマンス用に最適化されています。新しいサウンドを発見して、音楽制作に大いに活用してください。

12の新しいモジュール

インスピレーション溢れる12組の新モジュールでサウンドを開拓。新しいマルチモード・フィルターでは不規則なフィルタリングなど今までには無いサウンド形成が可能です。そしてディストーション・モジュールを使えば、荒々しさを加えることができます。 8種類のディソナンス・モジュールは、周波数変調から金属的な周波数ストレッチングやピッチ加工まで様々な分野をカバーします。 ダイナミックエフェクトでテンションとパンチを加え、ステレオリバーブで未知のサウンド領域へ。

これらの12種類のモジュールはベルリンで活躍するアーティストのErrorsmithが手がけています。こちらのページでは彼自身が RAZORのユニークな特長について語っています。

MASCHINE統合の強化

シームレスなハンズオン・コントロール。 比類なきMASCHINEワークフロー。 RAZOR 1.5のマクロコントロール・システムでは、単一/複数のパラメータを直接MASCHINEの8つのノブにマッピングできます。 MASCHINE 2.0のプラグイン・ストリップにあるコンパクトなパフォーマンス・ビューでは省スペースで効率的な視覚的フィードバックを得られます。

MASCHINE 2.0についての詳細

Description