MASCHINE+ 1.4ではAuto Samplerが新搭載

新バージョンのMASCHINE+ 1.4ではワークフローの連携に新しい可能性を開きます。新機能のAuto Samplerは、外部の楽器を素早く、簡単にサンプリングできる方法を提供します。例えば、モノフォニックのシンセサイザーをポリフォニックのパワーハウスに変えることもできます。特に要望の多かったコード転回機能は、クリエイティブなプロセスを支援し、和声の機能を強化してくれます。その他にもパフォーマンスと安定性の向上に加え、Auto Project Recovery機能により、作業中のプロジェクトが常に保護されるようになります。

MASCHINE+ 1.3

アップデート1.3ではPoly Synthが新搭載。Poly Synthは80年代のスタイルを踏襲しながらMASCHINEハードウェアからフルコントロールができるように特別設計された16ボイスのビンテージ風シンセです。Bass SynthやDrum Synthと同様にPoly Synthはブラウザの「Instrument」タブからでも確認できます。さらにアルペジエーターにも新モードが追加されました。



USER MANUALのダウンロード

PayPal PayPal Credit MasterCard Visa Diners Club International American Express JCB Sofortueberweisung Ideal Poli

これらの支払い方法の中には、あなたの国ではサポートされていないものもあります。 詳しくはこちらをご覧ください

Description