今世界で注目の49組のアーティスト、プロデューサー、ビートメーカーが、KOMPLETEとMASCHINEの可能性にチャレンジしました。Native Sketchesは、最先端のサウンドデザイン、自動生成ビジュアル、スタジオでの制作ストーリーで構成されたオーディオビジュアルブックです。

シーズン1を観る シーズン2を観る

DISCOVER SEASON TWO

シーズン2の参加メンバーは、ロンドンのクラブ・プロデューサーSega Bodega、フランスのコラボレーターCoucou Chloe、Kendrick LamarのコラボレーターKhrysis、OVO SoundレーベルのStwoとFrancisGotHeat、アジアの新星Jason HouとEGLなど、ビート系ジャンルのアーティストが勢揃いしています。KOMPLETEとMASCHINEで、類まれな創造性を発揮している彼らやその他18組のプロデューサーの作品は、以下のリンクから視聴できます。

今すぐ観る

SKETCHES, DECONSTRUCTED

制作プロセスの裏側をのぞいてみましょう。TALA、Cazal Organism、EGL、Kami Aworiが彼らの作品で使ったサウンドとテクニックを解説したビデオもご用意しました。またNative Instrumentsのブログでは各プロデューサーの特別インタビューも公開しています。

FROM THE BLOG: THE ART OF SKETCHING

Native Sketchesの再開において、NIは“最後の正真正銘なラップのブログ”として有名なPassion of the WeissのJeff Weissに、今回注目のビートメイカーの紹介や“sketch”の意義について見解を依頼しました。このPitchforkの常駐ライターによる記事はNative Instrumentsのブログでお読みいただけます。

ブログを読む

REVISIT SEASON ONE

Native Sketchesシーズン1は、コンテンポラリー・エレクトロニックミュージックの新しい創造性豊かな才能を紹介した最初のショーケースです。Mumdance、Chino Amobi、M.E.S.Hなど、クラブサウンドの脱構築を試みるアーティストを特集し、24組のアーティスト、24 の自動生成ビジュアル、24のアーティスト自身による制作プロセスの解説で構成されています。

シーズン1を観る

JLIN: WHAT DO YOU SOUND LIKE?

シーズン1の主役となったJlinのスケッチは、後に彼女のセカンドアルバムBlack Origamiの「Nyakinyua Rise」として再収録されています。4分間に渡るこのビデオでは、彼女の独創性に対する哲学や、ダンサーAvril Stormy Ungerとのコラボレーションについて語っています。

詳細はこちら

DERU: EVERYDAY INSPIRATION

LA拠点の作曲家、プロデューサーであるDeruは、シーズン1の彼の作品においてFORMを使い、様々なアコースティックサウンドに処理を加え、複雑なドローンと断片化したメロディーを紡ぎ出します。このショートビデオでは、彼のスタジオでの様子を垣間見ることができます。

詳細はこちら

RELATED PRODUCTS

Description