GROOVE LIBRARY

サウンドからビートへ

Groove Libraryは、その時代のドラムとスタイルに合った演奏をしてくれるあなたのセッション・ドラマーとなってくれることでしょう。

ABBEY ROAD | 50s DRUMMERには800以上のグルーブが搭載され、ロックンロール、ロカビリー、トラディショナル・ポップ、カントリー、R&B、ジャズ、モダングルーヴの7つのジャンルに分かれています。各グルーブにはフィルやバリエーションが付属されています。各ジャンルにはモダン/ビンテージ・ミキサー・プリセットが装備されており、究極のリアルさとトーンバリエーションを生み出すのに大きく役立ちます。

とりわけ、使用される方自身がドラマーでない場合は、グルーブの活用は本物のドラム・サウンドのトラックを作成するための素早く効率的な方法となるでしょう。ご希望のビートを見つけて、グルーブとフィルをホスト・シーケンサーにドラッグ&ドロップするだけで、新しいMIDIパターンを作成することができます。

本物のフィーリング

全てのパターンはプロのドラマーにより生演奏されており、臨場感あふれる本物のサウンドが実現されています。これは重要なことです。というのは、自然なサウンドを追求する場合、生身のドラマーに伴う物理的な制約を考慮しなくてはならないからです。クラッシュ、スネア、フロア・タムを同時に叩くことは可能でしょうか? 到底無理なことです。

演奏されたグルーブには、それ自体に固有の感覚と特徴が備わっており、これは単にマウスやコンピュータ・キーボードを使って再現するのとは違うものとなっています。

グルーブをカスタマイズ

インストゥルメント内でグルーブを調節することが可能です。Tightnessコントロールで各グルーブの感覚をリアルタイムで調節することができ、グリッド化された正確なものから緩やかなサウンドまで作成可能です。Swingコントロールを使えばスウィング感を追加することができ、少し調節するだけでストレートなロックのビートを緩やかなビートに変貌させることができます。

グルーブのカスタマイズは簡単にできます。一度シーケンサーに取り込めば、グルーブはMIDIパターンとして表示され、自由にビートを追加したり、必要に応じてそれを解体して、移動することが可能です。
ABBEY ROADとABBEY ROADロゴは、ライセンス使用されるEMI (IP) Limited社の商標です。

Description