CREATIVE CUSTOMIZATION

独自のサウンドに仕上げましょう。微妙なニュアンスを加えたり、劇的な変化を加えたり、NOIREなら制作中の音楽に最適なサウンドが作れます。

MAXIMUM REALISM

曲によっては、自然なノイズや機械的なノイズを加え、リアリズムを強調したい場合もあるでしょう。ハンマーやペダルなど、ピアノが発する様々なノイズをブレンドしたり、部屋のノイズ、ヒスノイズ、聴衆のサウンド、その他の環境音を加えたりできます。指が鍵盤に触れる音など、演奏家が発する細かなノイズを加えることも可能です。

FLEXIBLE SOUND DESIGN

この贅沢なピアノサウンドを、古いラジオで放送されているようなサウンドにするのは、少し乱暴かもしれません。しかしそんなオプションが必要な場合でも、NOIREは幅広く対応します。例えば、トレモロでハイブリッドなエレクトリックピアノのサウンドを作ったり、ダークでムーディーなパッドに変えてみたり、荒削りなサウンドの歪んだ倍音を加えることができます。さらに「Style」機能を使うと、ピアノの音質をすばやく変えたり、動きを加えたり、連続的なノイズを載せることも可能です。

SUB BASS

現代の音楽作品にはサブベースが効果的に使われていますが、NOIREにはサブベースがオプションとして含まれています。スタジオスピーカーをマイクロフォンとして使い、同じピアノをサンプリングした別のサブチャンネルを作り、そのサブハーモニック周波数を強調しました。

SERIOUS TONE SHIFTING

インターフェイスの重要な場所に位置する「Tonal Shift」は、楽器のスペクトル特性をすばやく変えることができる優れた機能です。BeatlesのプロデューサーGeorge Martinのテクニックから着想を得たこのダイアルは、異なるテープスピードで録音された楽器に生じる音色変化を再現しています。速度が半分や倍になったサウンドが、曲の雰囲気にどう影響するかお確かめください。

Description