INSTRUMENT DETAILS

インストゥルメントの詳細

昼間のTHE GIANT

THE GIANTは2つのNKIキットで構成されます。各キットには独自のサンプル・セット、ユーザー・インターフェイスと詳細コントロールがあります。‘day’インターフェイスでは基本的なコントロール・セクションがあります。

‘Tone’では‘Color’と記された単純なダイアルとXXLボタンがあります。これにより、より多くのサステイン、空間、特徴が追加されます。

‘Anatomy’では楽器の物理的な要素が処理されます。これにはダイナミクス、チューニング、ノイズ、倍音、ステレオ・イメージがあいます。‘Space’はGIANTに内蔵されているコンボリューション・リバーブをコントロールします。

サウンドのコントロール

Toneセクションを拡張することで、追加のコントロール・オプションが使えるようになります。イコライザーではBass、Body、Airのコントロールが可能です。XXL AmountによりXXLボタンのレンジがコントロールされます。このエフェクトは TRANSIENT MASTERによるもので、アタックとサステインを同時に高めます。

Low Keysコントロールを使って、ミドルCより下のキーのボリュームを変更すると、重低音が響くようになります。最後に、Compressorでは異なるコンプレッションのタイプを選択することができ、各コンプレッションで個々のレシオ、アタック、リリース設定が可能です。これによりインストゥルメント全体のサウンドを作成することができ、あなたが作曲したものの特定の音楽のコンテクストにフィットさせることができます。

ANATOMYコントロール

THE GIANTでオリジナルの楽器が非常に注意深くサンプリングされ、数多くのコントロール・オプションを使って再現されています。追加の共鳴倍音を調節し、ステレオ・イメージやパンニング設定を行い、演奏スタイルへの反応を調節したり、ペダル特性を追加したりすることができます。お好みで自在にTHE GIANTを操ることができます。

Noisesセクションは特に注目に値します。複雑で詳細を調整するのが非常に楽しくなります。Release Samplesコントロールはキーを離したときの動作を定義し、非常に長いストリングスの独特な減衰サウンドに別サンプルを追加します。

夜のTHE GIANT:映画のようなエフェクト

THE GIANTには暗い、映画のようなもう1つの側面があり、これは謎めいたユーザー・インターフェイスでコントロールされます。Cinematic Effects NKIは、SourcesとConvolutionといった2つの新しいコントロール・セクションによりサウンドにさらに鋭さを与えます。

これらの特殊なコントロールには専用のコントロール・ウィンドウがあり、通常のピアノを大きく超えるサウンドを作ることができます。

SOURCESコントロール

‘Sources(音源)’は実機からサンプリングされた追加サウンドのことです。Sourceの名前をクリックすると、各単一の音源のエディット・ウィンドウが開き、レベル、エンベロープ、フィルタのコントロールが可能となります。

真に刺激に富んだものとして、Noises FXソースをお試しください。ピアノのヒット、キック、スィープ、スクラッチなどの特殊効果があり、これら全ては実機を演奏して作成した本物のサンプルです。

コンボリューション・コントロール

Convolutionエディット・ウィンドウには、サウンドを操作するためのいくつかのフレキシブルなエフェクトがあります。特にこのインストゥルメントのためにあつらえた100以上のインパルス・レスポンスから選択いただくことができ、また、微妙なEQ、豊かなレゾナンスからリバース・サウンドなどの極端なエフェクトやビートシンクしたリバーブまでご選択いただけます。

4バンド・イコライザーには、専用のゲイン・コントロールが付いた2つのミッド・バンドがあります。フィルタには役立つミックス・シェーピングがあり、リミッタは音源とコンボリューション・インパルス・レスポンスの相互作用をコントロールします。

最後に重要なこととして、IRコントロールはインパルス・レスポンスのレベルを変更します。これにはSync機能が付いており、IRのタイミングをお持ちのホスト上のテンポにリンクさせることができます。

Description