FEATURE DETAILS

機能詳細

ANIMATOR

Animator(アニメータ)を使えば、コードがナチュラルで、リアルなサウンドのリズム・フレーズに変わります。Animatorをオンにして、コードをホールド・ダウンすれば、リズミカルなアルペジオがすぐに作成できます。完璧にカスタマイズが可能です。最大16の個別のステップをプログラム可能で、ダイナミックで、グルーブやスウィング感にあふれたサウンドができます。

Animatorには複数の拍子記号があり、3つの短音のアーティキュレーションの選択肢(スタッカート、スピッカート、ピッチカート)があります。また、弓の方向のコントロールが可能です。1つの方法としては、Animatorをフット・スイッチにアサインすれば、すぐにトリガーができるようになります。

パフォーマンス・プリセット

SESSION STRINGS PROには「パフォーマンス」プリセットがあります。この場合、「プリセット」はツールとユーザー・インターフェイス・オプションの組み合わせで、これでライブ・パフォーマンス、インプロヴィゼーションや新しいアイデアを試してみることができます。

ここでアーティキュレーションの変更をペダルとコントローラへアサインすれば、演奏するために手を自由にすることができます。同じプリセット内で最大5つのアーティキュレーションを決めることができます。それぞれ、メイン、ベロシティ・スイッチ、サステイン・コントロール、エクスプレッション・コントロール、ピッチ・ベンドをアサインできます。Animatorはパフォーマンス・プリセットの一部でもあります。

プロダクション・プリセット

プロダクション・プリセットは詳細な作曲とレコーディングを行うために作られています。ここでは、6つのアーティキュレーションをMIDIキーボード上の6つのキーへアサインして、簡単にアーティキュレーションを変更することができます。

両方のプリセット・タイプにあるRound Robin(ラウンド・ロビン)コントロールは、オートマティック・サンプル・サーキュレーションのことです。SESSION STRINGS PROにはノートごとに最大4つのオルタナティブ・サンプルが入っており、アップ/ダウンのストロークで自動的に回ります。他のいくつかのサンプル・インストゥルメントにあるような気持ち悪い「マシンガン効果」がない、リアルなサウンドが得られます。これは、アヴァンギャルドな実験的なリズムを作るのに無効にすることもできます。

アーティキュレーション

十分なアーティキュレーションがあるということは、表現力のある、本物のサンプルに基づいたストリングスには必須条件になっています。SESSION STRINGS PROには29 アーティキュレーションが付いており、その多くはカスタム・コントロール・オプションが付いています。

例えば、トリルを使う場合、ルート・キーを決めることができ、これにより、演奏するトリルが正しいインターバルを自動的に使用するようになります。その他、グリッサンドでは、コントロール上のノブで、グライドのスピードをコントロールすることができます。使用可能なアーティキュレーションは、パフォーマンス・プリセットとプロダクション・プリセットで少し異なります。
 #  Articulation  #  Articulation
 1  Accented Sustain  16  Falls fast (short Glissando down)
 2  Normal Sustain  17  Falls slow (short Glissando down)
 3  Legato  18  Scoop fast (short Glissando up)
 4  Portamento  19  Scoop slow (short Glissando up)
 5  Glissando  20  Spiccato
 6  Glissando fast up  21  Spiccato bow direction up
 7  Glissando fast down  22  Spiccato bow direction down
 8  Glissando slow up  23  Staccato
 9  Glissando slow down  24  Staccato bow direction up
 10  Fortepiano  25  Staccato bow direction down
 11  Diminuendo  26  Pizzicato
 12  Fortepiano Crescendo fast  27  Tremolo
 13  Fortepiano Crescendo slow  28  Trill semi tone
 14  Crescendo fast  29  Trill whole tone
 15  Crescendo slow  

統合エフェクト

統合エフェクト・セクションには追加のハイクオリティなエフェクトを搭載した微調整チューニングが付いています。3バンド・パラメトリック・イコライザー、コンプレッサー、コンボリューション・リバーブです。10個の異なるインパルス・レスポンスから選んで、ミックス・レベルを調節することができます。これらの統合エフェクトはパフォーマンスに特に役立ちます。

Description