STEPHAN SCHMITTについて

Stephan Schmittの音楽テクノロジーへの情熱は少年期に開花します。70年代ロックミュージシャンが持つ楽器への憧れから始まり、自ら機材を組み立て改造することに熱中した少年時代。学生時代には電気工学を学ぶ傍ら、楽器ショップでのアルバイトやサウンドエンジニアとしての経験を積みます。

1993年からはソフトウェア・シンセサイザーの開発に挑み始め、 そのプロジェクトを実現するために1996年にNative Instrumentsを設立。やがてReaktorが世に知られることになります。 2012年には、新しい会社Nonlinear Labsを設立しました。

これまでの人生で、Stephanは常に音楽を作り続けてきました。 彼、そして私たちをKONTOURに導いてくれたものは、彼のライブパフォーマンスへの愛だったのです。 私たちはStephanと時間を共にし、彼の最新シンセサイザーについて、そして、先端を走るソフトウェアインストゥルメント・デザイナーとしてのこれからの展開について聞いてみました。

完成に向けて

集中的な研究をしたり、斬新なシンセシス・エンジンを現実化するためにはREAKTORが最良のプラットフォームであることは明らかでした。

KONTOURのユーザー・インターフェイスとモジュレーション・システムのおかげで、REAKTORの最大限の力を発揮することに成功したと言っていいでしょ う。 モーション・レコーダーを作ることは大変な作業で、相当な時間を費やしました。この種のイベント・プロセス・ストラクチャーは多くの副作用も作り出してしまうのです。

サウンドデザイナーが作った音を聞いた時は本当にワクワクしました。 そのサウンドは、それまで私自身が思っていた限界をはるかに超える内容だったのです。 と同時に、本当に驚きました。そんな音を作り出せるなんて全く予期していなかったのですから。」

KONTOURをどのように使っていますか?

「私がKONTOURを使う時はいつも、2つのサスティン用フットスイッチ、その横に2つのペダルコントローラを置き、その上に足を乗せています。 これらのペダルは2つのマクロ・コントロールとモジュレーション・ホイールをアサインしてあります。 もちろん、ピッチベンドとアフタータッチもアサインできるようにしてあります。

私はピアノやクラビネットのようなスタンダードなサウンドを演奏することが好きなのですが、それと同時に、マシンが作り出す予測不可能な音世界を探求することも好きなのです。 レゾネーターやフィードバック・ストラクチャーは野生にいる動物のような振る舞いをします。 様々なルーティング方法を考えることは、モジュラーシンセやサーキット・ベンディングを扱っているかのような気分にもさせてくれます。

私はライブパフォーマンスをしているミュージシャンにときめくんです。 だからKONTOURは表現力豊かな演奏を行うことができるシンセサイザーとなったのです。 でも、このシンセは新鮮でオーガニックなサウンド、しかもサウンドを大きくねじ曲げることを求めている人のためのものでもあります。つまり、 KONTOURはリアルタイム・シンセサイザーなのです。 シーケンスを使う典型的な制作環境であっても十分に活躍してくれますし、モーション・レコーダーを使えば、サウンドを突然変異させる、より実験的なことも行えます。」

音楽テクノロジーの進歩

「今の音楽テクノロジーが進歩する上で最も重要なことは、人間とテクノロジーがどう接触するかということです。それ故に今多くのデベロッパーが新しいユーザー・インターフェイスを探し求めているのです。 表現力、ハイレベルな直感的コントロール、新しいセンサーと成長し続けるCPUパワー全てが一体となって、様々な物理的な入力を音楽的なパラメーターに変換する事ができるようになるのです。

ワークフローやインターアクションも次世代の音楽ツールにおいてキーとなる要素です。 ですから、ハードウェアとソフトウェアを統合するNative Instrumentsの製品は大きな成功を収めているのです。」

Description