DIVE INTO TRAKTOR

チュートリアルビデオを見ながらTRAKTORをさわってみましょう。Digital DJ Tipsと共同制作したステップ・バイ・ステップ・ビデオは、 TRAKTORのセットアップ、音楽ファイルの管理、ミックスを上手に行うためのヒントを解説します。

基本から始めてみよう

Digital DJ Tipsと共同で制作したステップ・バイ・ステップ・ビデオは、TRAKTORのセットアップや、音楽ファイルのインポート、キュー、EQ、ループの設定方法などを紹介するビデオです。

ステップ1: インストールとセットアップ

このビデオではラップトップコンピュータを使い、TRAKTORの無償デモ版(Mac & PC)を設定する方法を解説します。 その他、TRAKTORのインターフェイスや機能のツアーを行います。

ステップ2: オーディオ・ルーティング

このビデオでは、ラップトップのスピーカー、外部スピーカー、ヘッドフォンからTRAKTORの音を出す方法を説明します。スプリッター・ケーブルや外部サウンドカードを使う方法も解説します。

ステップ3: 音楽ファイルの読み込み

iTunesやフォルダーに入っているあなたの音楽コレクションをTRAKTORに読み込みんでみましょう。 音楽ファイルのアナライズ(分析)方法について知っておくと、トラックをスムーズにミックスできるようになります。

ステップ4: キュー、キューポイントの設定

このビデオでは、キュー・ポイントやホット・キューを設定し、ミックスの準備を行います。 あとはクリエイティブになれば、トラックをリミックスする方法はすぐにわかります。

ステップ5: シンクを使う

TRAKTORのシンク機能をどのように使うのか知っておきましょう。この機能がスムーズなミックスの助けとなります。 また、ビートグリッドがどうして重要なのか説明します。正しく設定する方法も知っておきましょう。

ステップ6: はじめてのミックス

TRAKTORに付属している無償デモトラックを使って、2つのトラックを切れ目なく、スムーズにつなぐ方法を紹介します。 ビートミックスの基本について知っておくと、ねらい通りのミックスができるようになります。

ステップ7: イコライザー、エフェクター、フィルター、ループの使用

前回のビデオで行ったミックスからもう一歩前進してみましょう。TRAKTORのビルトイン・ツールを使うと、もっとスムーズに、もっとユニークなミックスができます。 どうすればクリエイティビティを自由に発揮できるようになるのか説明しましょう。

Description