GET MIXING IN MINUTES

TRAKTORのダウンロード後、どこから始めたらよいかわからない場合は、NIのスタートアップビデオをご覧ください。スムーズな繋ぎからジャンルの切り替え、エフェクトの使用まで、重要なミックステクニックを順を追って解説し、誰でもすぐにDJプレイができるようになります。

TRUTORIALS

ミックスを際立たせる方法を解説するワンショットビデオ。様々なジャンルに適した最新テクニックをマスターして、次のセットでダンスフロアを熱く盛り上げましょう。

全て観る

SEASON TWO

TRAKTOR KONTROL S2とKONTROL S4を使い、エフェクトの操作、Stemsの利用、ハーモニック・ミキシング、S4のパターンレコーダーなどの新機能の使用方法を解説。
HotCueでトラック内をジャンプし、瞬時にリエディットを作ろう。
TRAKTOR PRO 3のプレイリストをキーで整理し、キーを合わせてミックス。
ローエンドを切り替え、トラックの雰囲気を変えてみよう。
S4のステップレコーダーでワンショットのサンプルを使い、独自のパターンを打ち込もう。
HotCueとLoopを使い、ミックスの途中でジャンルを切り替えよう。
アカペラのStemsトラックを使い、テンションの高いトランジションを作ろう。
テンポが異なる2つのトラックをミックスしてみよう。
ワンノブで操作可能なMixer FXでブレイクダウンを作り、トラックに新しい雰囲気を加えよう。

SEASON ONE

基本的なテクニックやトリックや4デッキでのDJミックスなどをマスターしよう。異なるTRAKTORコントローラーを使った様々なテクニックや、あなたのDJプレイを一新する方法を紹介。
BeatJumpとLoop Moveで、トラックの様々なパートに瞬時にアクセス!
トラックの始めと終わりにループを設定し、ロングミックスをしよう。
トラック内に設定したHotCueで、新しいエディット、リズム、流れを作ろう。
TRAKTORで4つのトラックを効果的にミックスする方法。
ディレイのFreeze機能で、トラックのドロップをビートに変化させよう。
カスタムループをミックスして、トラックに厚みを持たせよう。
Traktorのリバーブで、トラックをウォッシュアウトさせてミックス!
HotCueを使い、再生中のトラックにメロディックな要素を付け足そう。
TRAKTORのマクロエフェクトを使って、カスタムドロップを作ろう。

DID YOU KNOW

TRAKTORは様々な設定が可能なので好きなように使えます。これらのビデオでは、ご自分のスタイルに応用できるクールな操作方法をご紹介します。

WATCH ALL
キーボードのショートカットを作成し、コレクションを保存しよう。
プレイリストからプレイした曲を保存し、そのDJセットをアーカイブしよう。
エフェクト・リストを整理して使うものだけを表示しよう。
どの位置でトラックをロードするか設定しよう。
最近プレイした曲をチェックしよう。
重複したトラックを削除してトラックコレクションを整理。
新しいトラックをコレクション内で最初に確認する方法。
自分に合うテンポレンジを選択。
異なるEQモデルでミキサーセクションを細かく設定。
スムーズなものから激しく共鳴するものまで、自分に合ったフィルターを選択。
色分けしたライブラリーでトラックをすぐに見つけよう。
カスタムレイアウトを作成、保存、呼び出しする方法。
必要な画面だけ表示させ、余計な画面は隠す設定について。
エフェクトの設定の保存と呼び出し方法について。
全てのトラックを検索するサーチ機能。
準備用プレイリストにトラックを素早く追加する方法。
ワンクリックでレイアウトを変更する方法。
TRAKTOR内で波形表示の種類を選択する方法。
プレイ中のトラックを別のデッキに複製する方法。
4/4以外でループを設定する方法。

FREE ADSR COURSE

ADSRのTRAKTOR PROマスタークラスで、基本的な操作から高度なトリックやテクニックを学びましょう。
彼らのウェブサイトで「trktrk8l」というコードを入力すれば2週間無料でフルコースを受講できます。

詳細を見る

FIND ANSWERS ON OUR SUPPORT PAGES

TRAKTOR PRO 3について、何かご質問はありますか?設定でお困りだったり、ご自分で解決できない技術的な問題がある時は、NIサポートページが問題解決のお手伝いをします。

サポートページを見る

Description