6.3 BETTER BLOCKS

REAKTOR 6.3アップデートでは、Blocksエコシステムの全面的な見直しを行い、業界をリードするパートナーの製品で拡張が可能となりました。

  • パッチ&プレイ機能によってワークフローが直感的になり、容易にモジュラーを体験できます。
  • クイックな検索が可能なブラウズ機能、画面の改良によって、使用感が大幅に向上。
  • BLOCKS BASEは、様々なシンセシスの方法を紹介するチュートリアル・ラックを始め、モジュラーシンセシスの探求に必要なものが全て揃っています。
  • BLOCKS PRIMESには、モジュラーリグの高度な操作が可能なシンセシスとFXモジュールが収録されています。
  • UNFILTERED AUDIO、GENKI INSTRUMENTS、HOLONIC SYSTEMS、TOY BOX、ACLなど、一流デベロッパーも初参加し、Blocksエコシステムに最適化されたモジュールを開発をしています。

VERSION HISTORY INFORMATION

6.2 NEW PARTNERS FOR REAKTOR


REAKTOR 6.2では、REAKTORとREAKTOR Player専用の他社製インストゥルメントを導入。Twisted Tools、Tim Exile、Heavyocity、Blinksonic、Tonsturm が第1弾のパートナーとして参加しています。

6.1 EASY SYNC WITH ABLETON LINK


スタンドアローンのREAKTOR 6.1を、単体インストゥルメント、またはハードウェアのコントロールデバイスとして使用する場合、Linkを利用することで複数のデバイスやMASCHINE、TRAKTOR、iOSアプリ、Ableton liveなどの複数のアプリが簡単に同期します。

6.0 POWER DEVELOPER FEATURES


PrimaryとCore Macroライブラリーの改良され、新しいカテゴリーと直感的なフォルダで操作が可能になりました。最新式のインターフェイス、ストラクチャー編集機能の改良、プロパティやナビゲーションの変更によってワークフローがより効率的になり、Table Framework、Bundle、Scoped Buses などの新機能で、REAKTORビルダーは、新たなレベルで作業が行えます。

Description