6.4 USER RACKS

REAKTOR 6.4 アップデートでは、仮想モジュラー・エコシステムがNIコミュニティーに開かれ、Racks内でUser Blocksのパッチが可能になります。

  • User LibraryからのBlocksも、Racksモードでの使用、設定が可能になり、パネル正面でパッチ&プレイ、保存を容易に行えます。
  • User Blockディレクトリ内に置かれているUser Blocksは、REAKTORブラウザーのLibraryタブから直接アクセスでき、Rack内の検索ボックスからサーチ可能。
  • User Libraryに加わったThe Jam Sequencerは、仮想モジュラーシンセサイザー内でユークリッド式のポリリズムを作成できます。
  • MASCHINE SequencerとNiji Drums モジュールもアップデートされ、Racksと正面パネルからのパッチングに対応します。




USER LIBRARYをチェックする

BLOCKSのパッチングについて学ぶ

VERSION HISTORY INFORMATION

6.3 BLOCKSの変更点


REAKTOR 6.3アップデートにはパッチ&プレイ機能が搭載され、パネル正面でのパッチングが可能になるなど、仮想モジュラーシンセシスの操作性が大幅に向上しました。そのほかBLOCKS BASE と BLOCKS PRIMES の導入、主要インストゥルメントメーカー(Unfiltered Audio、Holonic Systems、Toy Box、ACL)がBlocksエコシステムに加わりました。

6.2 NEW PARTNERS FOR REAKTOR


REAKTOR 6.2では、REAKTORとREAKTOR Player専用の他社製インストゥルメントを導入。Twisted Tools、Tim Exile、Heavyocity、Blinksonic、Tonsturm が第1弾のパートナーとして参加しています。

6.1 EASY SYNC WITH ABLETON LINK


スタンドアローンのREAKTOR 6.1を、単体インストゥルメント、またはハードウェアのコントロールデバイスとして使用する場合、Linkを利用することで複数のデバイスやMASCHINE、TRAKTOR、iOSアプリ、Ableton liveなどの複数のアプリが簡単に同期します。

6.0 POWER DEVELOPER FEATURES


PrimaryとCore Macroライブラリーの改良され、新しいカテゴリーと直感的なフォルダで操作が可能になりました。最新式のインターフェイス、ストラクチャー編集機能の改良、プロパティやナビゲーションの変更によってワークフローがより効率的になり、Table Framework、Bundle、Scoped Buses などの新機能で、REAKTORビルダーは、新たなレベルで作業が行えます。

Description