PRIMARY AND CORE STRUCTURES

REAKTOR はあなたが創造するどのようなシンセ、エフェクト、サウンドデザインツールでも組み立てることができるとてもパワフルで高度なプラットフォームです。2つのストラクチャー階層、CoreとPrimaryからデバイス開発のスペクトルは開かれます。

Primaryは一番上の階層にあるストラクチャーで、グラフィカルな信号の流れに従って段階的なイベント処理を行います。すべてのパラメーター、イベント、MIDI、OSCデータを扱う場所でもあります。 サウンドは Primary レベルの階層で、Primary MacroとModules を使って作り出します。 Core は一番深い階層にあるストラクチャーで、パワフルなランタイム・マシンコード・オーディオ・コンパイラーを含んでいます。 カスタムDSPアルゴリズム作成に最適な、クラス最高のDSPコンポーネントを含む幅広いライブラリーを備えています。

YOUR SONIC TOOLKIT

REAKTOR に含まれるPrimary とCore Macro ライブラリーを使って、シンプルなシンセサイザー、リアルタイム・パフォーマンス・ツール、作曲システム、高度なグラニュラープロセッサーなどがデザインできます。クラス最高のDSPコンポーネントを始めとする様々な素材を使い、独自のサウンド生成システムを1から作り上げることができます。 さらに一歩進んで、自分自身でMacroを組み立てたり、Macroのカスタマイズを行ってみましょう。

NEW POWER FEATURES

テーブルフレームワークは、PrimaryからCoreへ、ストラクチャー間のデーター共有を柔軟かつ効率良く行います。 これによって、新しいクリエイティブなサンプルプレイヤーを作成することが可能になります。 待望の言語機能がCoreに追加されたので、構築方法はこれまでよりさらに便利になりました。 Scoped Busesは複数のCoreストラクチャー階層にまたがり、ワイヤレス接続を可能にしてくれます。Bundles はREAKTOR Core の新しいタイプの接続方法で、複数の接続を一本のクリアーなワイヤーにまとめ、より効率良く、視覚的にも明確に接続をを行えるようになります。

BUILDING FOR BLOCKS

REAKTOR ユーザーはBlocksを組み立てることができます。 すでに用意されているBlocksに編集を加え、コミュニティ内で共有することもできます。 ユーザーライブラリーにはGUIが予め設定されているテンプレートが用意してあります。 これらのテンプレートを基にカスタムインターフェイス付きのBlocksを独自に作成し、REAKTORのエキサイティングなパッチングに役立ててくださ い。 Blocks フレームワークによって、あなたが構築したものはシステムと完璧に連携します。Blocksパッチ内で構築したものはすぐにテストしていただくけます。

BLOCKSのテンプレートを入手 チュー トリアル・ビデオを見る

Description