BLOCKS BASE

BLOCKS BASEはREAKTOR PLAYERで動作し、モジュラーシンセシスの探求に必要なものが全て揃っています。どちらも無償のKOMPLETE STARTに収録されており、今すぐダウンロードしてパッチングを始められます。

無償でダウンロードする   BLOCKS QUICKSTART GUIDE

UTIL

UtilはUtilityの略です。これらのBlocksは大型のパッチを作る際に役立ちます。Digilog Blocksと同じように自ら音を生成しませんが、Blocksの全世界にとって不可欠なものです。。

UTIL CV MIXER 4

モジュレーション信号の処理に特化したミキサー。4チャンネルとマスターセクションからなり、多目的コントロール・スライダーは、標準的な極性レベルコントロール、設定した範囲内でのコントロールを設定することができます。

UTIL MIX 4

レベルメーター付きのステレオ4チャンネルミキサー。ボリューム、パンのコントロール、ミュートやモノ切り替えスイッチも装備。 AUXインプットを使い、複数のインスタンスをチェーン接続し、大型のミキサーを作成することも可能です。

UTIL MONO LEVEL

ミュート、位相反転スイッチ、レベルメーター付きのモノ・ボリューム・コントロール。アウトプットポートの最終段のBlocksとして使ったり、パッチのモニターや信号コントロールに使いましょう。

UTIL STEREO LEVEL

ミュート、位相反転スイッチ、モノ切り替え、レベルメーター付きのステレオ・ボリューム・コントロール。 メインアウトの手前の最終段のBlocksとして使ったり、パッチのモニターや信号コントロールに使いましょう。

UTIL CLOCK

シーケンス・モジュールを走らすために必要な基本的なクロック信号を作ります。 Shuffleパラメーターを上げるとクロックにグルーブを加えることができたり、RESET機能によってすべてのシーケンサーを同期させることができるようになります。

UTIL NOTE IN

MIDIノートデータをコントロール信号に変換します。 オシレーターのピッチをコントロールしたり、ノートメッセージを使ってエンベロープをトリガーしたり、モジュレーション・ホイールやアフタータッチでパラメーターを変化させることができます。

UTIL TRIGGER IN

Trig In はMIDIノートデータをゲート信号に変換し、パッチ内で使うことができます。 直感的に複数のエンベロープをトリガーしたり、シーケンサーをリセットしたり、同じMIDIコントローラからLFOの操作を行うことができます。

SCOPE

パッチ内のどの信号でもモニターすることができます。時間経過に伴う信号の変化を表示します。モジューレーション信号やオシレーターからの波形を視覚化し、モジュレーションやプロセスの変化の様子を見ることができます。

MACRO KNOBS

Macro Knobsの4つのノブは、パッチ内のどのモジュレーション入力に接続でき、複数のパラメーターを一括操作します。コントローラーのマッピング、ホストアプリケーションへのオートメーションデータ送信、モジュレーション信号の管理に役立ちます。

MACRO SWITCHES

Macro Switchesの4つのボタンは、パッチ内のどのモジュレーション入力に接続でき、複数のパラメーターを一括操作します。コントローラーのマッピング、ホストアプリケーションへのオートメーションデータ送信したり、パッチ内のモジュレーション信号の管理に役立ちます。

PITCH CV OUT

ピッチCVとゲート信号を外部ハードウェアに出力します。便利な自動キャリブレーション機能によってオシレーターはチューニングされ、キャリブレートされたピッチCVが、直流結合型コンバーターを通してREAKTORから出力されます。またキャリブレーションはスナップショットとして保存可能です。

GATES AND TRIGGERS

入力した信号から最大4つのゲートとトリガー信号を生成します。フィルターを動かしたり、ファンクションジェネレーターやエンベロープをトリガーしたり、シーケンサーを走らせる際に役立ちます。外部モジュラー機器との接続や、Blocksパッチの内部でお使いください。

MIDI OUT

このBlocksは、外部機器にMIDI信号を送ることができるモジュールです。Blocksパッチのどのようなピッチやゲート情報もMIDI信号に変換できます。このモジュールを4チャンネルのCV-MIDI CCコンバーターとして利用することもできます。

BENTO BOX

Bento Box Blocks は万能なモジュールセットで、モジュラーシンセをセットアップするための中心的なコンポーネントを含んでいます。それぞれのBlocksは十分な個性を持っており、モジュールをもっと高度なアプリケーションにすることもできます。

BENTO BOX OSC

幅広いシンセシスに最適な多目的オシレーター。 ディープで安定したFMサウンドを作る Thru-Zero FMモードを搭載。

BENTO BOX SVF

クリーンでコントロールしやすいマルチモード・フィルター。状態変数型(State Variable)フィルターのデザインを基に設計されており、 ローパスフィルター、ハイパスフィルター、バンドパスフィルターモードを搭載。

BENTO BOX VCA

Bento Box VCAはシンプルなボリュームコントロールです。 モジュラーシンセシスにおける基本的なBlocksのひとつで、レベルのコントロールが必要な時にいつでも使うことができます。

BENTO BOX MIX

Bento Box Mix はシンプルなミキサーで、複数のオシレーターをミックスしたり、フィードバックループを作ったり、基本的なミックス作業をパッチ内で行う際に最適です。

BENTO BOX ENV

Bento Box ENV は多目的エンベロープジェネレーターで、 アタック、ディケイ、サスティン、リリースの4段階からなっています。 各段階はリニア、対数、指数関数のシェープに切り替えることができます。

BENTO BOX LFO

LFOの機能を網羅。 シンプルなインターフェイスで、基本的なモジュレーション操作を素早く行えますが、複雑なモジュレーションを作る機能も装備しています。

BENTO BOX CVP

モジュレーション信号を処理するのに役立つ機能を備えています。 モジュレーション信号を特定の目的に変化させたり、モジュレーション信号の追加が必要な際に利用できます。

BENTO BOX S&H

モジュラーシンセの基本的動作であるサンプル&ホールド機能。どの信号もシーケンスのステップ値に変換され、入力されるゲートに合わせてリズミカルに信号を発生させます。

BENTO BOX 8 STEPS

リズムやピッチをコントロールするフル装備のステップシーケンサーです。 すべてのグローバルパラメーターにモジュレーションをかけることができ、複雑で動きのあるシーケンスを作ることのできるパワフルなツールです。

BENTO BOX XFADE

Bento Box Xfadeは2つの入力信号をミックスします。あるサウンドから別のサウンドへのスムースなモーフィング、オシレーターからの波形出力のミックス、ウェット/ドライのバランスなどを操作できます。

BENTO BOX 4 MODS

Bento Box 4 Mods は4系統のモジュレーション用シーケンサーです。各シーケンスのパラメーターとして、選択可能なステップ間のスムーズなシフトを行えるグライド機能や、自由に調整できる8種類のパラメーターを備え、複雑で変化のあるシーケンスが作成できます。

Description